ドイツのオーバータオル、カフェカーテンのようにして使うと素敵です★ | MARKT

2018/02/01 15:10

こんにちは。

 

ご覧下さいましてありがとうございます。

今日はドイツで買い付けてまいりました、オーバータオルをご紹介させていただきます。

 

 

オーバータオルという名前、タオルと聞くと手を拭くような感じですね。

でもこのクロス、ドイツ語をそのまま訳して「オーバータオル」と呼んでいるのですが

実際にはタオルとしてのお役目はなく、ドイツでは主にキッチンの装飾に使われる布です。

 

上部を少し手前に折り返してポールに掛けたり、折り返しの部分が縫われていて、その中にポールを通して(突っ張り棒のような物)使うタイプのものもあります。

そのため、折り返しの部分の刺繍は、反対側に表が来るように刺繍されているのです。

はじめて見た時は、「なんで端っこの刺繍が裏面なんだ?」と頭の中が ??? だらけでしたが、使い方を教わって、なるほど!と納得すると同時に、初めてみるオーバータオルの虜になってしまいました。

折り返し部分の刺繍がアクセントになって、本当に可愛らしいのです。

 

 

キッチンだけでなく。リビングや寝室の出窓など、窓辺のカーテン替わりに掛けていただいたり、食器棚などの目隠しカーテンにも良いですね。

カフェカーテン・ビストロカーテンとしてお使いいただくと素敵だと思います。

私は、そのまま部屋の壁にタペストリーとして飾っているのがいちばん好きです。

なぜって、いつも自分の好きな刺繍を眺めることができますから!

 

カーテンを替えたりするのは大変ですが、これ一枚なら簡単に気分転換・お部屋のイメージチェンジ出来ます。

折り畳んでもかさばらない、収納もコンパクトでおすすめのポイントです。

 

 

いずれも1点ものになります。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

MARKT.マルクト